2019年03月02日

CT検査、そして手術へ

さて、運命のCT検査

お昼前に入院。CT検査を受けるための事前検査がいくつかあるそうで、

それを行ってクリアしてからの麻酔、そして検査。

お迎えの時間は撮影だけで済めば早いが、鼻腔内の組織を採る事になれば

時間が少しかかるので4時、もしくは5時頃になる。 

組織を採るかどうかは2時頃にはわかるのでお電話でお知らせしますので

携帯に出られるようにご準備ください。


はい!もちろんです!


何を食べても何を飲んでも味がわからない位に緊張して電話を待ったけれど・・

来ない〜!!

2時にもらえるはずだった電話がかかってきたのは4時前・・(汗)

はらはら、どきどき・・ 辛かった〜!!!

麻酔が合わなかったとか

血が一杯出ちゃったとか

何らかの事件が起こって対応してるから電話できないとか?

まー、色々妄想して、苦しかったこと、苦しかったこと。

結果、組織は採ったとの事。 

なので2−3日は鼻血が出るかも知れないけれど、驚かないでくださいと。

ただ、明らかに血が止まらないなどの症状があれば夜間対応の病院にご相談ください

と言われたけれど、食いつくわたし・・

明らかって? それわたしにわかる? 止まらないって何分?何秒間? 

すると「鼻水とまじって薄いピンク色のものが出る程度だと思いますよと。

もしそれが真っ赤で流れるように出るというのが異常です」 

そうか、そうか、それならいくらわたしでもわかるな・・ 

パソコンの画面で画像を見ながら一通りの説明を受けたけれども、これは仮の結果で

後ほど正式なレポートを送付してくれるとの事。

この時に受けた説明では鼻腔内にはおそらく鼻水などの液体状のものであろうが溜

まりがあると。その部分から組織を採りこれから検査をすると。

それはそれが癌化してる組織であるかないか、次にそれを培養してどんなのがいるか

(菌とかカビとか)の検査。 癌の検査は1週間、培養検査は1か月以上かかる。

嘔吐の原因になるような所見は見つからなかった。

前立腺肥大はあるけれど、去勢すれば解決できる問題であると。 




説明を受けたのちに、チビキリターン。

もう会えないかも知れない・・・とまで思ったチビキは・・

カラカラ空回りステップで脱兎のごとく逃げて来た〜!!

感動の対面というよりも、わたしすら認識せず、一生懸命その場から脱走しようと

していた〜

「チビキ!、おかあさんだよ!チビキ!もう大丈夫だよ!」

声をかけながら車に向かう・・

ジョーーーーーーッ 派手に流すおしっこ

普通に歩いているし、元気。 というか、必死(汗)

帰り道では熟睡。

きっと安心したんでしょうね。

ほんとうは、これからなんだけどね、大変なのは・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間後、組織診の結果がわかり、癌細胞はなかったとのこと。

原因はおそらく歯並びの悪い犬歯の歯槽膿漏だろうということで抜歯を決意。

更に、前立腺肥大対策に去勢もお願いした。

懸案だったCRFはステロイドと消炎剤を2週間飲んだ結果、半分にまで減った。

それでも高いのだけれど・・・

決戦の日程を決定。 正月明けだ。



posted by ナイトカオ at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | 動物病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。